Google+ 県産材杉・桧もの - なんもく村・木工房かたじ屋
無垢材を使用したハンドメイド家具の注文制作。 地場産の杉を加工したオーダー家具・木工品の制作。

県産材杉・桧もの


sugisyuunoudana02.jpg
県産材の杉を使用した収納棚2基。

学童施設からの整理棚として制作しました。

大きいほうは高さ200cm幅90cm、小さいほうが高さ140cm幅90cm程度となり、指定のスペースにぴったりと納まるようになります。
キッズクラブ丸テーブル完成後 004.jpg

こちらも群馬県産材の杉を天板にした幼児用の丸テーブル4人掛け。

脚部は折り畳んで収納できます。




キッズクラブ完成後2 009.jpg



幼児用サイズの可愛らしい椅子。

座面には4色のカラーリングを施し、その他の部材は杉の優しい色合いをそのまま残したクリアーオイル仕上げとなります。

仕上げ処理はすべて天然の植物性オイル&ワックス仕上げとなり、子供たちが舐めてもかじっても安全です。(ドイツの安全基準をクリアーした自然塗料を使用)





キッズクラブ完成後2 015.jpg

県産材の杉を使用していますので、大変軽く・優しい肌触りで木の温もりを感じさせてくれます。

スタッキング(積み重ね)構造で制作

007.jpg

以前、子供サイズで制作していた学校椅子。

どこか懐かしい作りの学校椅子を小学校高学年から中学生たちまで使えるサイズで制作依頼をいただきました。

すべて群馬県産のスギを使用。

5.JPG

県産材のスギをフルに使用しての大きなテーブル

左右両方の天板を折りたたんで収納できます。



県内の障害児支援施設から制作依頼をいただき、その他の椅子や幼児用テーブル&椅子と一緒に制作いたしました。

施設に通ってくる子供たちとも、短い時間ではありましたが触れ合う機会をいただき、この子供たちとほかの形でも関わっていける方向はないだろうかと考えています。

柔らかなスギの温もりとなつっこさを、この施設で過ごす子供たちや職員の皆さんが肌で感じていただければ制作者としては嬉しい限りです。

また、その他の制作品も順次アップしてゆきます。

017.JPG

県産材 杉をメインに国産広葉樹材と透明アクリル板で制作したパンフレット用の棚ものとなります。

地元なんもく村の道の駅、休憩スペースに設置。
oasisubennti4.jpg

道の駅・商工物産館前のテーブルベンチ

似たような作りのテーブルベンチはありますが、角ログで組み込んだものは他には無いと思います。
かなり重量級の1点物となりました。

野ざらしにされているのがちょっと気がかりなのですが・・・。
hinokikodomote-burumaru1.jpg

県内の幼稚園からの依頼で県産材指定でのこどもテーブル2タイプ制作。

半円タイプと長方形タイプは長方形タイプの短辺が半円形の半径サイズとなり、2台並べるとちょうど半円形の直径とぴったりサイズに制作してあります。

017-1000.JPG

豆の形をした座面の、ちいさなマメサイズスツール。

天板は県産材スギを使用
脚部はシュリザクラ

座面高:300ほどの可愛いスツールになりました。
試作品です。
001-1000.JPG

【試作品】

県産材スギ座面の丸スツール
脚部はシュリザクラの丸テーパー加工


mitinoekikannbann3.JPG

地元の道の駅「オアシスなんもく」農産物物産館に
大きな看板を制作。

タテ1500・ヨコ4000の巨大な看板となりました。

群馬県産の杉無垢材を使用しての制作は制作も取り付けも
なかなかの難易度。
2013-11-19 (6).JPG

かなり大きな、ベッドサイズの可動式ベンチボックス

W2000・D1000・H400を4基、
ハーフサイズのD500タイプを2基、
計6基の依頼を頂き制作です。

組み合わせはお好みで、画像のように上げ床の
掘りごたつのように使用することも。
kadoumajikiri4.JPG


村のランドマーク『道の駅オアシスなんもく』農産物直売所出入り口に設置された純県産材スギ使用の木製可動間仕切り。

現場レール設置から本体制作・設置まですべて担当。
sugisaidote-buru1.JPG
 シンプルな杉のサイドテーブル

高さ・500~550
巾・450~500
奥行き・400~450で3台制作
monita-kyabi1.JPG 当地・南牧村のランドマークでもある
「道の駅・オアシスなんもく」

農産物直売所内に設置された観光案内
モニター用の木製キャビネット。


ホンザクラ材を主材にして、扉部分鏡板には
県産材の杉を使用しての制作。

様々なモニター用キャビネットを調べましたが
木製の物は皆無。どうりで難しかったわけです・・・。
県産スギこども椅子3.JPG 群馬県庁・昭和庁舎内にて使用とのことで
なんとも懐かしいようなスタイルの
児童椅子を30脚制作。

県産材の杉を椅子の材料に使うという
チャレンジは見た目よりも高い精度で
強度を損なうことのないように制作です。

杉の温もりのある柔らかな肌触りと色は
学校椅子の角ばった形状にホンワカとした
柔らかさを与えてくれます。
sugitinnretudana1.jpg
スギ:商品陳列棚
棚二段は可動タイプで制作

2基制作し、現在は道の駅オアシスなんもくにて活躍中!
mokuseiyuugu karigumi2.jpg







かなり大型の木製遊具。
サイズはタテ・ヨコともに3000ミリ
高さは手摺上部で2500ミリ

保育園・幼稚園向けの展示会用にということで
制作依頼を頂きました。

県産材を使用しての(一部新潟産)制作は
二階建てのキット式で、全てのパーツをバラバラにして
組み立て可能な方法で制作。

画像は作業場内での仮組みの様子となります。
pannhuretto kyabi1.jpg






なんもく村のランドマーク。
道の駅オアシスなんもく」内に設置のパンフレット用キャビネット

群馬県産のスギをメインに制作。
hoikuenn-tesuri-sekougo1.jpg








県産材の桧を使用してのベランダ柵の新設。
sugi marute-burusetto5.jpg








近隣の富岡製糸場近く休憩所に設置。
杉のやさしい肌触りがいい味を出しています。
sugisutu-ru-sanntenn.jpg








杉スツールの3点。
県産材の杉を使用しての制作となります。
sugi-yuugu2.jpg








まるで象さんの顔のようなスタイルの遊具。
友人の経営するホテルの中庭でお客様の子供さんたちに遊んでもらっているようです。

sugi-fotohure-mu.jpg








スギを使ったフォトフレームもなかなか味があるものです。





sugi-kazaridana2.jpg












スギの飾り棚

背面に傾斜をつけて、単独で支持できるバランスで制作。
実物はとっても質感があります。

syu-zubokkusu2.jpg
sugi-okatadukebokkusu1.jpg








シューズボックス(下駄箱)と
お片づけ棚
hinoki-daininngutyea3.jpg











細いフレームを針葉樹で制作するのは骨が折れる作業。

完成すれば針葉樹特有の柔らかな雰囲気とあたたかみが感じられる仕上がりとなります。
hinoki-kakuhibati-2gou2.jpg








一号制作後、二号の制作依頼を頂き着手。

炉内は銅板葺き、炉縁はホンザクラで制作です。

hinoki-marute-buru2.jpg









天板は直径1500ミリ
群馬県産の桧材での制作となります。

Google+